ブラッディメアリー

ブラッディメアリー

 

生きたい神父と死にたい吸血鬼の物語

いつものように吸血鬼の集団に襲われる神父を助けたのは吸血鬼

そして助け際に一言「頼む、俺を殺してくれ・・・」

 

 

人妻

 

ネタバレもありますので先に試し読みをしたい方はこちら。

サイト内より【ブラッディメアリー】と検索

ブラッディメアリー無料で立ち読み

ブラッディメアリーのネタバレ

ある日の午後、横浜の奥地にある人のいない倉庫にて。

誰かが複数の男に追われている。

逃げている男は司祭のようなローブに身をまとい、

追っている男たちはすべからく黒いスーツを着ていた。

 

 

 

「あいかわらずしつこいね・・・ハアハア・・・

今日も血が足りていないのかな?吸血鬼の皆さん。」

「血を、よこせ!」

 

 

 

男は日本で神父をしている一郎・マリア。

そして彼を追うのは吸血鬼の皆様である。

聖職者の血はこの上なく美味なものであるとの言い伝えがあるかも知らんが、

昔から一郎はやたらと吸血鬼につけて回られていたのである。

 

 

 

一郎の先祖はイギリスのエクソシストであったと聞いたことがあるが、

とは言え400年も昔の話であり、今日の日の一郎に祓う力はない。

そんなことを知ってか知らずか吸血鬼は今日も追い回す。

力がないなりにこういう場合の対処法を身に着けていた。

 

 

 

「君たち吸血鬼に俺の大事な血、あげられるわけないでしょ。」

一郎が胸の十字架のネックレスに手をやると、

10センチほどだった十字架は1メートルほどの槍に姿を変えた。

 

 

 

十字架と言えば吸血鬼にとって最大の敵であり、

おとぎ話でいうとこれを見せただけで消滅する、もしくは逃げ出すはず・・!

 

 

 

「バカな親父・・・十字架を出せば皆怖がるとでも思ったのか

俺は知ってる、お前の秘密を・・・

お前はもう、あの力を使えない!お前の血が一滴でも手に入れば脅威ではない!」

そういって安々と十字架をかざす一郎の懐の間合いにまで近づき、

一郎の首筋に噛み付くべく、口を寄せてきたのであった。

 

 

 

十字架をかざせば吸血鬼が怯む時代は終わっていたらしい。

今更そんなこと知ったからと言ってもう遅い、

今一郎は吸血鬼に血を吸われる・・・

 

 

 

「う・・・うそだろ・・・」

「もっとよこせ・・・血を、よこせ・・・」

「だって、俺・・・生きなきゃ・・・」

覚悟を決め目を閉じたその瞬間・・・

 

 

 

ザッ!!

 

 

 

突如として吸血鬼に襲いかかる何者かが現れた。

どこからともなく降ってきたという表現のほうが正しいかもしれない。

先ほどまで一郎に噛み付こうとしていた吸血鬼は血を流しその場に倒れた。

 

 

 

「お、おまえ!まだ生きていたのか!ブラッディ!」

「黙れ雑魚キャラ。おまえに用はない。

やっと見つけた、マリア・・・」

「え、なに・・・」

「頼む、俺を殺せ・・・・頼むよ、俺を殺して・・・」

 

 

 

あまりの急展開についていけず、その場で気を失う一郎。

そして次に彼が目を開けた瞬間、

彼はいつもの教会の自分のベッドに寝かされていた。

何で俺はここに寝てるんだ・・・確か吸血鬼に襲われて・・・

 

 

 

マリア!

 

 

 

突然ベッドの下から現れて大声を出すものは誰だ・・・

先ほど一郎・マリアに殺してくれと頼んだ吸血鬼であった。

手には水の滴るタオルを持っており、どうやら看病してくれていたらしい。

 

 

 

「君はさっきの・・・」

「もう、怪我は大丈夫なのか・・・?」

「え、ああ、うん貧血起こしただけだから・・・」

「よかったー!じゃあ、俺を殺してくれ!」

「君は吸血鬼なんだよね?」

「おう!」

「じゃあ、よしわかった!」

 

 

 

そして吸血鬼・ブラッディを教会から締め出した。

基本的に教会は吸血鬼は出入り禁止となっており、

看病だろうとなんだろうと、目的にかかわらず存在することが許されていない。

 

 

 

何より自分の命を狙った吸血鬼と同じ空間にいたくない、

一郎は吸血鬼の出入りを完全に禁止していたのである。

 

 

 

「おいマリア!何すんだてめえ!」

[悪いけどこの教会吸血鬼お断りなんで!」

「毎日毎日血をよこせって、君たちのお陰で寝不足だし貧血なんだよ!」

「ちげえよ!俺はお前の血がほしいんじゃなくって、

俺を殺してくれって言ったんだよ!死にたいんだよ!」

 

 

 

神父と吸血鬼は昔から犬猿の仲とされてきたが、

この二人の関係はそれとは違う、何か違う。

 

 

 

互いに殺意を持っているのが普通なのだが、

一方的に殺してくれと迫るこの吸血鬼・ブラッディ。

とにかく関わりたくない神父・一郎・マリア。

二人の出会いが世界のあり方を大きく変えることなど、

今はまだ誰も知らなかったのである・・・

"東京喰種"の有馬貴将が主人公の作品があることを御存知ですか?

東京喰種JACKが今だけ無料で配信されている・・・だと・・・?

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!