ドラゴンヘッド

 

今ある平和はいつまでも続くわけではない・・・

誰しもがそんなことはわかっているけど、そんなすぐには終わらないでしょ?

でもいつかかならず来る・・・それは明日かもしれないしずっと先かもしれない

じゃあ、ほんとに明日来たらどうする?

 

 

人妻

 

ネタバレもありますので先に試し読みをしたい方はこちら。

サイト内より【ドラゴンヘッド】と検索

ドラゴンヘッド無料で立ち読み

 

ドラゴンヘッドのネタバレ

 

暗い車内で青木輝は目を覚ました。

先ほどまでの騒がしさは今はなくなっている。

何でこんなに暗いんだ・・・?何が起こったんだ?

 

 

輝の通う高校はこの日、修学旅行で京都から新幹線で東京に向かっていた。

清水寺にも行ったし八つ橋も食べた、十分に京都を満喫して東京に帰る。

気の合う仲間とワイワイやりながら楽しく帰るはずだった。

 

 

ひとしきり騒いだ後に輝はふと窓の外を見た。

すると何か遠くの方で赤い巨大な柱のようなものが立っているのが見える。

 

 

なんだろう、あれ?

そう考える間もなく新幹線はトンネルに差し掛かり、

そのままあの柱のことを忘れそうになった瞬間・・・

 

 

ガガガガガガガガアアアガガガアッガガ!

 

 

大きな音が聞こえたと思うと同時に輝は気を失った。

そして目覚めたのがつい今しがたである。

新幹線は止まっているらしい。

何が起きたかわからないが、とにかく異常事態が起こったようだ。

 

 

それだけは確実にわかる。まずは落ち着いて現状の把握から始めよう・・・

床に落ちていた懐中電灯を付けた瞬間、

輝は明かりをつけたことを心から後悔した。

 

 

そこで見たものとは、

場所は先ほどと同じ新幹線で間違いない。

しかしそこでバカ話をしていたはずのクラスメイトが全員死んでいた

 

ドラゴンヘッド

 

新幹線が事故を起こし、その衝撃で新幹線の座席も崩れ、

クラスメイトたちもその波に飲まれてしまい死亡してしまった。

この光景は一度見たら決して忘れることはできないだろう・・・

輝はその場に嘔吐しそうになったがなんとか堪えられた。

 

 

幸いなことにまだ死臭はしていないので、なんとかこの空間にいられる。

まずは生き残りを探さないと・・・自分でも意外なほど輝は冷静だった。

声のする方へ進むと輝以外の生き残りを2人発見した。

 

 

瀬戸憧子(せとあこ)と高橋ノブオであった。

 

 

憧子とは直接話したことはなかったが何となく顔は知っていた。

一方ノブオはと言うと、輝と同じクラスではあるが話したくはなかった。

というのもノブオは暗い性格が元でクラスのヤンキーからいじめを受けており、

最近では逆上するようになり、自暴自棄になりつつありより一層人が離れていったのである。

 

 

とにかく現在移動できる範囲は全て調べてみた。

その結果わかったことは・・・

 

 

・新幹線は止まってる、横転して脱線したらしい
・生き残りはこの3人だけ
・トンネルの入口と出口が崩落して脱出は不可能

ということだ。

 

 

知れば知るほどに絶望的な状況にあることを理解した。

「なんだよ!クソ!この状況は!」

ノブオは真っ先に誰に言うでもなく八つ当たりを始め、

そのままどこかに行ってしまった。

 

 

そして輝は憧子と行動をともにし、

なんとか脱出方法を発見しトンネルから脱出できたのだが、

ノブオは暗闇の恐怖から精神が狂ってしまい、

女子生徒の死体から拝借した口紅を顔と体に塗りたくり世にも奇妙な様相と化していた。

 

 

脱出方法を見つけたことを知られた瞬間、

ノブオは即席の槍のようなものを持って2人に襲いかかり、

なんとかノブオを避けてトンネルから脱出した輝と憧子。

 

 

久方ぶりに外界に出られてややもすると大きな音ともに再度大きな地震が起こり、

先ほどまで空いていたトンネルの脱出口は完全に閉じてしまった。

ノブオはトンネルに閉じ込められてしまったのだが、

輝と憧子には振り返る元気はもう残っていなかった。

 

 

二人が見たものとは、

冬でもないのに一面が雪景色かのように真っ白な風景だった。

 

 

ドラゴンヘッド

 

「・・・なんだ・・・これ・・・」

 

 

初夏のこの時期に雪がふるはずもなく、

一面を覆い尽くすこの白い物体が雪でないことは一目瞭然である。

この白い物体は今も空から次々と舞い降りている。

吸うと一気に胸が苦しくなり、有害なものであるように感じられた。

 

 

あの赤い柱を見た時はたしか長野県くらい・・・

ここから東京ってどれくらいだっけな?

そんな時、輝は何やら聞き慣れた人工音を聞いた。

 

 

バタバタバタバタ・・・

 

 

上空を見上げると、一台のヘリが飛んでいた。

そのヘリは輝と憧子のもとへ降り立ち、中から複数人がこちらを見ている。

この非常事態にヘリを飛ばすのは一体誰なのか・・・

このヘリは輝にとって救世主なのか、それとも・・・

 

 

ドラゴンヘッド漫画版結末

 

この後ヘリに乗せられた輝と憧子は色々ありながらもついに東京まで辿りつきます。

自衛隊員とのサドンデスバトルや、町とともに自決させられそうになったり、

ほんとうに色々なことを経験して遂にここまでたどり着いた。

道中憧子と離れてしまうが、それでも新宿へたどり着いた輝。

 

 

自分の家にたどり着くも、無残に倒壊した後だった。

家族の生存も今の段階では分からないが、それでも絶望的である。

 

 

新宿駅には謎の新興宗教が興り、人々は政府から支給された食料を口にしていた。

この食料は、人間の恐怖を感じる脳の組織を壊す成分が入っており、

この食料を食べると恐怖をしなくなるというものであった。

 

 

駅の壁に空いたヒビから中を見ると遥か下層にマグマが見え、

まさに世界の終わりを感じる輝。

 

 

そして自衛隊員の仁村と憧子を探して学校の校庭へ。

そこで相対するものの、隆起した海底火山が地表に現れ断続的に噴火している。

輝と憧子、そして仁村に迫って火山弾が飛んでくる・・・

そんなシーンでドラゴンヘッドは終わっています。

 

 

映画版と漫画版ではラストが異なりますが、

一貫しているのは輝が常に前向きであるということ。

どんなに絶望的な状況であっても諦めないその姿は共通のようですね。

 

 

物語の最後は日本列島を覆っている黒雲がだんだんと晴れていき、

地表でかすかに残った都市にかすかな明かりがついているシーンです。

これがどのタイミングのものかは不明ですが、滅亡したわけではないようです。

あえて詳細にラストを書かなかったことでそれぞれの想像に委ねられているようです。

 

 

途中グロテスクなシーンや精神錯乱を起こした人間が描写され、

トラウマになるようなシーンも多々あるので、心臓の弱い方は注意してお読みください・・・

 

ドラゴンヘッド

"東京喰種"の有馬貴将が主人公の作品があることを御存知ですか?

東京喰種JACKが今だけ無料で配信されている・・・だと・・・?

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!