早苗の気持ち

http://kakiolite.hatenablog.com/entry/2016/04/05/2…よリ引用

鳴海に振られてから数日、花火は早苗と2人、早苗の従兄弟の持つ別荘に向かっていた。寂しかったから早苗に電話したわけではないと自分に言い聞かせながら待ち合わせ場所に向かったのだが、早苗はいつものように笑顔で花火を迎えてくれた。

早苗の気持ちを知りながら利用しているような形になり、罪悪感を感じながらも早苗の笑顔に助けられた。

 

そして別荘に着くと二人きり、と思いきや、早苗の従兄弟の桐島篤哉がいた。早苗からしたら花火と二人きりに慣れるチャンスであり、花火も他人と話をしたい気分ではないので、双方からうざがられる篤哉。

篤哉は昔から早苗に気があり、そしてただ寂しさを埋めるためだけに早苗を利用している花火に近づき、「早苗を代わりにしないでくれ」と伝える。それを聞いた花火は心の奥底を見透かされたような気持ちになり、またしても罪悪感に陥る。

 

そして東京に帰る前日の夜・・・

「花火、これまでありがとう。私もう花火のこと諦めるね。」

 

早苗に先手を越されてしまった花火もいいたかったことをぶちまける。

「私もなの!でもねえっちゃん!これからもあたしと友達でいてほしいの!」

「そんなのできるわけないじゃない!私の気持ち知ってそんなこと言ってんの!」

 

そして雨の降る中心いくまでお互い泣き続け、そしていつしか疲れた頃に部屋に戻り、早苗と花火は違う部屋で寝た。翌日花火は新幹線の始発で東京に戻り、その後も学校では早苗と顔を合わせる日々が続くけれども、前とは関係性が違う。

友達以上恋人未満だった関係はよくわからなくなっていた。

ここまではコミックス7巻くらいの内容です。鳴海にフラれて早苗と決別し、麦と真剣に向き合おうとするも、麦は茜とイチャコラしていたり・・・最終回はどうまとまるんですかね?(笑)

 

最終回予想

続きは次のページで!

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!