「女子高生」という最強の武器を日々浪費しつつ暮らす少女達のお話であり、

日常系ジャンルに属するシュールなギャグ漫画です。

ざっくりとしたあらすじと感想をまとめてみました。

 

人妻

 

ネタバレもありますので先に試し読みをしたい方はこちら。

サイト内より【女子高生の無駄づかい】と検索

女子高生の無駄づかい無料で立ち読み

 

『女子高生の無駄遣い』のあらすじ

あらすじというか日常系なので特にありませんが、

「女子高生」という武器をムダにしてしまっているのではないか、

ということに気づいた女子高生たちのお話です。

 

 

ある日の午後、

道端を歩く3人の女子高生。

田中(バカ)、菊池(ヲタ)、鷺宮(ロボ)

そして田中から衝撃的な発言が飛び出す。

 

 

・・・

 

「あのさ、今からすごいこと言っていい?」

「そーゆうこと言うやつのすごいことって大抵すごくないよな」

「いやまじですごい。どれくらいすごいかっていうと、

チンパンジーがバナナで・・・」

「いーから早く言え」

「あの、さ。うちらってさ。」

 

 

 

今がピークなんじゃない?

 

 

「ウチラってさ客観的に見てさ、

顔もスタイルも中の下でしかも性根も腐ってるし、

お世辞にもモテるとはいえないじゃん。

何一つモテ要素のない我々が持つ唯一の武器・・そう!

若さですよ!てことはさ?今しかないんじゃない?」

 

 

「女子高生という最大の武器を持つ今が最強で、

今頑張らないとこの先一生彼氏とかできないんじゃない?

どう?なかなかすごい衝撃的だったでしょ?」

 

 

「すげえ、頭悪そう」

「ロ、ロボはどう思った?」

「すごいと思った。

自分で自分を中の下とか大評価してるあたりがすごいと思った。」

 

 

この時のロボとヲタのセリフのフォントが絶妙でした。

そしてこういうやついるわ感も他の日常系より強めであり、

あの頃の友人Yくんを思い出しました。

それに私は職業柄女子高生と話すことが多いのですが、

あの事達も多分こんなやり取りをしているんだろうなーと思ってしまいました。

 

 

「私の鼻緑くね?」

「マジお腹疲れたピーヤなんだけど」

「学校の机にシリコン混ざってる気がすんだけど」

「シャーペンのシャーって何?」

「前髪がバカになってきたんだけど」

 

 

これらは実際に私が女子高生から言われた言葉です。

なんとなく解読できるものもあればそうでもないものもあります。

彼女たちの言葉のセンスは独特で私は大好きですw

 

 

ギリギリ理解できる範囲でかつ極限の表現こそが女子高生文化だと、

私は勝手に想像しています。

 

 

そんな女子高生の日常を漫画にした作品

『女子高生の無駄遣い』はこちらから試し読みできますので、

試してみてください。笑

 

女子高生の無駄づかい

 

 

『女子高生の無駄遣い』を読んだ感想

とにかくリアルな「こんなやついるわ」感が感じられる作品です。

私の中のレジェンドである『男子高校生の日常』にも引けを取らない漫画だと思います。

『男子高校生の日常』の女子高生版と考えてもらえばいいと思います。

ネット上でどのような声があるのかまとめてみました。

 

 

Vルス

テンポいいし個性的なキャラしかいないし、

バカな感じが出すぎてるけどそこがまたいい!

学校の先生も結構好きなタイプです!

冠T

Kindleで読みました!

キャラの殆どにニックネームがついているんだけど、

「バカ」「ヲタ」「ロボ」「ヤマイ」「ロリ」など、

意味わからなさ加減がちょうどいいギャグ漫画です!

Vルス

一応埼玉県の女子校をモデルとしているらしい。

恋愛の話は出てきてないけどいずれ出てくるんだと思う。

とにかくまったりした日常の話をひたすら書き続ける漫画です。

冠T

北日本新聞で取り上げられていたので購入してみました。

ブラックユーモアとギャグのバランスがちょうどいい感じでした笑

トイレにいくときは必ず持っていく作品です!

 

このように「日常系」が好きな方にはたまらない作品です。

いそがしい日常に疲れた方はお試しで読んでみてください!

 

女子高生の無駄づかい

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!