社畜人ヤブーRETURNS

社畜人ヤブーリターンズのネタバレ

 

アドブラックスに入社したばかりの、倉吉優一(くらよしゆういち)は

必死に就職活動をして入社した会社がブラックだと気付き落胆していた。

無理なノルマにどんどん減っていく同僚たち。

ブラック会社の典型とも言える会社だった。

 

そんな会社だったが、先輩である課長の藪隣一郎(やぶりんいちろう)は

自身を社畜と割り切り、社長に媚びつつも業績はトップだった。

 

必死に営業活動をする倉吉だったが営業資料も乏しく

先輩からは何も教えてもらえないためどうしたらいいかもわからない。

トップを走る藪にアドバイスをもらいたい倉吉だったが、藪はいつも

外回りで中々話す事すらできない。

途方に暮れているところで藪から声がかかる。

 

倉吉と同僚の高柳が連れていかれたのはスナック。得意先との接待だった。

しかし、接待もうまくこなすことができず、藪からは呆れられてしまう。

 

帰りのタクシーが辿り着いたのは自宅ではなく会社。

そこで藪から衝撃的なものを見せられる。

そこには、業績に苦しむ社員たちが当たり散らし

手垢や血で変色した壁だった。

この呪われたような壁を社員たちの努力の結晶と言わんばかりの

藪に高柳と倉吉はドン引きだった。

 

翌日、高柳から倉吉にメールが届く。

 

『スンマセン会社辞めます。って藪さんに言っといてください。』

 

藪と共に高柳の自宅に向かう倉吉。

逃げ惑う高柳だったが藪と倉吉は執拗に追いかける。

 

徹底した追跡に藪は告げる。

 

「退職するまではわが社の社員です」

「そして、私は君の上司ですから」

 

退職を告げてから2週間は受理されない。

あくまで労働基準法の基本を徹底する藪。

 

倉吉と捕獲された高柳は仕事に戻ることになった・・・

 

社畜人ヤブーリターンズの感想

 

ブラック会社をテーマにした作品は数多くありますが

ヤブーリターンズは他の作品とは少し趣向が違います。

 

社畜である事に絶望し、再就職を目指すとか、会社で革命を起こすとか

そういった類ではなく、藪課長は前向きな社畜なのです。

 

一般的に社畜と言えば会社から非人道的な扱いを受け自分自身の意思すら

見失い会社の奴隷と化した社員を指しますが、藪は

残業は「会社へのおもてなし」、クレームは「お客様からのラブコール」

低賃金は「控えめな自分へのじらしプレイ」であると言い切り仕事をしています。

まるで社畜であることを楽しんでいるかのようです。

 

藪はもちろん大真面目で働いていますが、それをコミカルに描かれている描写が

なんともシュールで笑えます。

ブラック会社で働いている人はこのマンガを読むと少しは働く活力と元気を

取り戻せるのではないでしょうか。

 

 

社畜人ヤブーRETURNSを読むには

 

そこで、電子書籍サービスを使ってみてください!

今回おすすめする電子書籍サービスはBookLive!です。

数ある電子書籍サービスからBookLive!をおすすめするには理由があります。それは単純に一番安いからです。しかも現在BookLive!では新規登録すると50%OFFチケットが貰えますので、社畜人ヤブーRETURNSは実質398円で読むことができます

また月額制ではないので、398円で社畜人ヤブーRETURNSを購入して他に何も買わなければ、それ以上に請求が来ることはありません。

 

電子書籍を利用したことがない方も、BookLive!なら安心して簡単に利用できますので、ぜひ利用してみてください!もちろん以外にも多くのマンガがありますので、気に入ったものがあれば追加で読んでみてください!

在庫があるかどうかもわからない遠くの本屋に足を運ぶ方には特におすすめです。深夜3時に暖かい布団からスマホで購入できる喜びを知ったらもう戻れなくなるかもしれませんが・・・(笑)

まずは以下のサイトに移動して【社畜人ヤブーRETURNS】と検索してください!

社畜人ヤブーRETURNSを読んでみるならこちら

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!