骨が腐るまで

>>>骨が腐るまでを試し読み<<<

11歳の夏、人を殺した

 

今回は1巻の中で唯一グロシーンがない平和な回です

遥と椿のビキニ姿が見れる神回となっています!

そしてあいつの様子がなんだかおかしいんですが・・・?

おっぱいおっぱい

冷たっ!

キャッキャ!!

バシャッ!!

 

5人は近くの海に来ていた。理由は簡単、信太郎の家に集まった時に焼きそばを作ったのだが、その焼きそばが想像以上に美味しくて、海の家の焼きそばを食べたくなったから、というものだった。

海の家の焼きそばって基本まずいような気がしますが・・・(笑)あんまり味覚えてないですが「まずい」の代名詞だったような気もします。

 

遥と椿が2人だけでいるとやはりナンパされるわけですよ。遥なんてEカップ以上あるらしいですし・・・最近の子は発育が良いですね(`゚∀ノ゚´*)

そして竜のヤンキーメンチでナンパ男どもを追い払い、2人は事なきを得た。

明はぼーっと海を眺めながら「これがみんなで来る最後の海かもしれないからな、今日は来れてよかったよ」とつぶやく。

 

いやいやいやいや明さん。それ一般的には死亡フラグっていうんですよ?そういうこというと危ないです。マンガの中では「これが最後かもしれない」というセリフは実現知っちゃうからしないほうが無難ですよ?

とどめを刺したのは、私でしょ?

「あれから電話かかってこないね。もう5日経つのに・・・」

信太郎は椿と2人で防波堤の上にいた。海の音が聞こえるこの場所は告白の場所に長らく使われてきたであろう絶好のポイントでした。

 

「俺のせいだ。」

「何いってんの。電話のやつとシンちゃんは関係ないでしょ。」

「俺がもっと強い人間だったらお前たちは人殺しにならなかった。」

 

「違うよ。シンちゃんのお父さんを殺そうって言ったの私達だし、それにあの時、とどめを刺したの私でしょ。」

 

椿の口から”あの時”のことが語られる時、信太郎は複雑な気持ちになっていた・・・

というところで10話は終わっています。11話からは回想シーン、そして現在の謎に至るまでの一部始終が明らかになります!

ここまでほとんど喋っていないあの人物が、ついに行動を開始します!次回11話で1巻も終わりですから軽くまとめていこうと思います!

⇒ 第11話ネタバレを見に行く

 

「骨が腐るまで」を無料で試し読みする方法

骨が腐るまでは無料で試し読みができるんです♪

物語のキーマンである明が何を考えていたのかが段々明らかにされつつあります!

新刊の3巻を早速読んじゃいましょう♪

⇒ 「骨が腐るまで」の試し読みはこちら!

※電子コミックサイトのコミなびは一部上場企業なので安心♪

※検索窓に「骨が腐るまで」と入力してください♪

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!