骨が腐るまで

>>>骨が腐るまでを試し読み<<<

11歳の夏、人を殺した

 

今回も前回に引き続き解体の手順についての回です。

ひたすらにグロいので注意して読んで下さい・・・

まずは首から

5人の中学生はみんな給食当番のような白いかっぱを着て、それぞれナタを持ち分担してそこにあった死体を切り刻んでいく。

切り刻むというか、体重をかけてどうにかこうにか引きはがすという方が近いかもしれません。

書いていて気分が悪くなってきましたw文章として書いているとリアルに脳内に再現されてしまうので少し休憩してから次の文章を書いていきます(笑)

 

(コーラを飲んで一服してきました笑、休憩後↓)

 

首がなかなか切れずにいた時に解体手順書を読み直すと、アドバイスが書いてあった。

 

関節のところに刃を当てて一気に押し切る

 

「関節のところに刃を当てて一気に押し切る」

なんのアドバイスやねん!普通の人はこんな文言は見ずに一生を終えるんでしょうね。こんな文言を見ている時点で完全に異常者です(;´Д`A

 

 

そして首が切れた瞬間、遥は嘔吐し、竜も吐き気をもよおしトイレに駆け込んだ。カラダを逆さにして出来る限り血を抜きその血を浴槽に流していく。主に信太郎と椿が作業を行っていた。

 

「なんかこの赤いの見覚えがあるな・・・ああ、祭りのときのりんご飴か」

 

個人的にこのセリフが一番サイコな感じだと思います。そんな発想ないですよね。嘔吐しているだけ遥や竜の精神のほうがまだまともだと思われます。

信太郎は既に狂ってしまっているのかもしれないなあと思ったのはここからです(;´Д`A

そうしてなんとかこうにか解体作業を続けていくメンバーでした・・・

 

と、ここまでで7話の内容が終了し、特にグロかった解体シーンは終了します。グロ系が苦手な方、お待たせしました。ようやく解体シーンは終了しました。

次回以降は電話の男から新しい指令が入り、5人はまたそれに従うしかない・・・

どんな指令なのか、それは次回以降で明らかになります!

⇒ 第8話のネタバレを見に行く

  

「骨が腐るまで」を無料で試し読みする方法

骨が腐るまでは無料で試し読みができるんです♪

物語のキーマンである明が何を考えていたのかが段々明らかにされつつあります!

新刊の3巻を早速読んじゃいましょう♪

⇒ 「骨が腐るまで」の試し読みはこちら!

※電子コミックサイトのコミなびは一部上場企業なので安心♪

※検索窓に「骨が腐るまで」と入力してください♪

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!