U-NEXTで食糧人類を読んでみる
人類が虫の食料になるという倫理観完全無視の問題作

ナツネが完全増殖種ということが明らかになりましたが、

ナツネママがもちになってしまったのはなぜか、調べていきます!

完全増殖種

sponsoredlink
 

こんばんは(=゚ω゚)ノ

今回も食糧人類のネタバレ及び考察を行っていきます!

 

2巻の内容までで、ナツネくんはなんと6歳であるということが判明しました!どう見ても20代前半ですけど・・・しかもカマキリに食われたのに何で生きてるんですか?

上半身と下半身が離れて、足も食われて頭から食われたはずなのに、足が生えた状態でカマキリの中から出てきたナツネくん・・・君は一体・・・?

 

そして伊江くんが問いただすと、ナツネくんは昔の話をしてくれました。

 

ナツネくんは6歳であるということ

ナツネくんは地球上唯一の完全増殖種であるということ

 

意味がわからないので少し2巻の内容を見直してきました。ナツネくんは虫のエサを絶やさないために作られた増殖種という種族です。

増殖種はたとえ足を食いちぎられても、頭を潰されても、核が潰されていない限り何度でも再生するというとんでもない種族です。

 

RPGで言うところの「コアを潰さない限り私は何度でも再生する・・・」的な魔王のような復活能力です。しかも潰されてから再生までの速度が半端ないです。

数秒後には再生します。オルゴデ○ミーラもびっくりです。

 

生殖種とは違いますが、何かしらのバイオテクノロジーによって作られた存在だと思われます。生殖種はどんどん餌を作るための存在ですが、増殖種はひたすら食べられる続けるだけの存在です。

さすが食糧人類、倫理観とかそんなもんどこにもないですね!

しかし人類は同じようなことを動物に対して行っているんだと考えると、なんだか複雑な気持ちになりますね・・・

ナツネママ

sponsoredlink
 

そもそもナツネくんのママがあの施設で何らかの実験をされていたようなんです。私が一番トラウマになっているシーンです。

名前は山崎さおり、年は21歳。実験中に子供を孕み、そのまま警備員といい感じの関係になり、行為中にあれを噛み切ってゆりかごを脱走してナツネくんを産んだようです。

 

そして「もち」というキーワードですが、伊江君たちと出会う4年前、ナツネくんが2歳の頃でした。といっても見た目で言うとそのへんの5歳6歳の子どもたちと大差ないくらいの大きさです。

ナツネくんはママと二人で暮らしていたんですが、ママによって外に出ることは一切禁止されていました。警察から身を隠すためでしょうね。

 

そしてある日、ナツネママはふすまの向こう側に閉じこもるようになり、そのままかなりの時が過ぎていきました。もちろんお金もないので食糧も底をつき、ナツネくんは餓死寸前になってしまいました。

その頃、ふすまの向こう側から奇妙な音が聞こえてくるようになりました。

 

 

グギッ

ギギギギギギギギ

 

 

向こうにいるのはナツネママじゃなかったの?一体何がいるのか、見てみたいような見たくないような・・・・怖いもの見たさで見たら絶対に後悔するの、なんとなくわかる。

そしてナツネくんが本格的にやばくなった頃、近所の住人から「異臭がする」と通報を受けた警察がナツネ家に突入してきました。

そしてナツネくんの静止を振り切り、ふすまを開けてしまいました。。。

ふすまの中を見た警官が一言。。。

まあ、今でこそこんな溶けたモチみたいになってしまったけど、

昔はかなりいい女だったそうだよ

溶けたモチみたいになってんの!?

あまり詳しいことは書きたくないので書きませんが、かなりどろどろの状態でした。ある程度耐性がある人でもここの描写は結構きついです。

注意しながら読んで下さいね。気分が悪くなったら即座にマンガを閉じてください。管理人からのお願いです。

 

まあ、そんなわけで何らかの実験をされていたナツネママから生まれたナツネくんは、人類初の完全増殖種となりました。だからカマキリに足を食われても再生していたんです。

完全増殖種ということは、不完全増殖種もいるということなんですかね?

まだ分かりませんが、ナツネくんにはまだまだわからないところが多いですね。今後もナツネくんの謎を追っていきます!

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!