幸色のワンルーム

1話− あらすじ

帰宅した青年がすぐに夕食の支度をすると言います。

嬉しそうに笑う少女の笑顔に、外での彼の緊張もほぐれる気がするのでした。

少女に呼ばれて振り向くと、彼女は目を輝かせながら“夕食作りを手伝いたい!”と言ってきます。

 

今まで料理をしたことがなかったらしく、包丁もおかしな持ち方をするので青年は驚きます。

仕方なく、少女の手を取って包丁の使い方を教えますが、全く動じない少女。

 

「なんていうかさ、君は本当に僕を警戒しないの?」

 

と青年は聞きますが、少女は“結婚の約束もしたし、いつ迫られても…”と冗談めかして言い、真面目に返してくる青年に“ノリが悪いなぁ”と口を尖らせます。

青年は思いを巡らせます。

 

 

“僕らは『誘拐犯と被害者』という現実から目を背け、お互いの本心を探らない、それは暗黙の了解。だからあの約束にも指切りはしなかった”と。

 

 

食事が出来上がりますが、青年は少女だけに与え、自分は食べようとしません。

「お兄さん、料理上手だね」と嬉しそうに少女は食事を頬張りますが、家ではまともな食事をしたことがなかったと話します。

これからも食事を楽しみにしてもいいかと尋ねる少女に、青年はもちろんと答えるのでした。

過去にあったことから、生きる意味をなくしていた青年ですが、彼女が必要としてくれているなら、彼女のために生きようと決意するのでした。

 

1話−③ 感想

少女は天真爛漫な感じに振舞っています。お料理も全然やったことがなかったようです。学校でも何もやらなかったのかな?

家庭科とかどうしてたんだろう?もしかして友達にもいじめられて、やらせてもらえなかったとか…。学校での彼女の様子も気になってしまいました。

 

お兄さんは背後から、まるでバックハグをするかのように、少女の手を取って包丁の使い方を教えてますよ。かなりラブラブに見えるシーンですね。

本当は違うのだけれど!お兄さんも彼女が部屋にいること自体に戸惑っているわりに、こんなことができるなんて⁉︎

意外だ…。お兄さんマスクを取りたくないのか、一緒に食事しません。取ってくれる日は来るのか⁇名前もいいかげん知りたいよ〜。

少女の実家での様子がちょっと出てきました。両手は手錠で繋がれ、ご飯は床にぶちまけられているんです。そんなことあっていいのか(泣)

 

お皿にもられたご飯に感動してたね。

これからもこうして二人の過去がちょいちょい出て来るのかな?名前も出てきてほしいな(←しつこいよ!笑)

 

次の話へ ⇔ 前の話へ

 

 ⇒ 幸色のワンルームを無料で読む方法

幸色のワンルーム

"東京喰種"の有馬貴将が主人公の作品があることを御存知ですか?

東京喰種JACKが今だけ無料で配信されている・・・だと・・・?

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!