幸色のワンルーム

2話−①ネタバレ

テレビでは、依然として少女行方不明事件の続報が流れています。

ニュースは私の話ばかりだと呟く少女はふいに、「私のこと名前で呼んでよ」と青年に頼みます。

 

彼の元へ来てから一度も名前を呼ばれていなかったのです。

青年が名前を呼ぼうとすると、

「待って‼︎お兄さんが名前をつけて!」

と言います。

 

昔の名前を捨てて、新しい名前で生きたいと言う少女。

青年はネーミングセンスに自信がないと悩みますが、

「“幸せ”と書いて『幸(さち)』君が幸せになれるように」と言います。

全く反応しない彼女に“しまった!”と思い、今のはナシでと訂正しますが、少女は急に飛びついて来て、「素敵な名前」と大喜びします。

 

「今日から自分のこと幸っていうから、お兄さんもそう呼んで!」と本当に嬉しそうに話すので、青年もつられて笑い「わかった、幸」と呼んであげるのでした。

 

幸は部屋にあったカメラを手に取ります。すると青年が、

「この部屋見て気持ち悪いとか思わなかったの?」と聞いて来ます。

返答に一瞬詰まりますが、明るくニコニコしながら、

「幸のこと、こんなに好きな人いるんだって、嬉しかった」

と話します。

 

お兄さんの言いたいことはわかる…と心の中で呟く幸。でも自分の本心なんて、今の二人には必要ないからと思うのでした。

 

2話−① 感想

ようやく、少女の名前が出て来ました!というより名付けられました!よかった!

本名は「ま」から始まるみたいですけど、新しい名前は「幸(さち)」ちゃんです。お兄さんは相変わらず出てこなかったね、残念。

 

名前を考えるのってなかなか難しいですよね。しかも人の名前なんて。ペットの名前考えるのとは訳が違いますし。

ブログのハンドルネームだったり、ニックネームつけるのにも一苦労する私なんかは、こんな風に「つけて!」なんて言われたら、3日ぐらい唸ってるかもしれません(笑)

 

青年、ついに聞きました「部屋中の写真」のこと。わぁお!自分から突っ込みましたよ。幸ちゃんも内心「キモい」と思ってたらしいです。

そりゃそーだよ、普通ドン引きだよ。でもでも、それでも家には帰りたくなかったんだねぇ…。二人とも本心を隠して、相手を傷つけないように、言葉を選び態度にも気を遣ってます。幸ちゃんも青年もきっと優しい子なのね。

 

名前がついたことで、呼びやすくなってなんだか少し話しやすくなったみたいです。青年も聞きにくいことズバッと聞いてるしね。

二人の仲もどんどん近づいていくのかな?幸ちゃん、新しい名前に助けられて幸せになっていくのかな〜?

 

次の話へ ⇔ 前の話へ

 

 ⇒ 幸色のワンルームを無料で読む方法

幸色のワンルーム

"東京喰種"の有馬貴将が主人公の作品があることを御存知ですか?

東京喰種JACKが今だけ無料で配信されている・・・だと・・・?

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!