過去最高に名前のインパクトが強い漫画『最終兵器彼女』

その実態はSFと恋愛モノが絡んだかなり泣ける話となっています。

思春期の性の暴走と、普通の恋愛がしたくてもできない二人の高校生の話です。

 

人妻

 

ネタバレもありますので先に試し読みをしたい方はこちら。

サイト内より【最終兵器彼女】と検索

最終兵器彼女無料で立ち読み

 

『最終兵器彼女』のあらすじ

1999年から2001年まで『ビッグコミックスピリッツ』で連載されており、

全7巻ですでに完結している漫画となります。

今からですと、既に15年も前に連載されていたことになりますが、

名前のインパクトが強すぎて今でもはっきりと覚えています。笑

 

 

アニメ化や映画化もされている作品で、

隠れファンが多い作品となっています。

 

 

世界観がかなり独特であり、

第一話で主人公のシュージとちせが付き合った、

どう付き合っていけばいいのかわからない、

といったかわいい話をする日常系の漫画なのかと思いました。

 

 

しかし第2話以降で突然シュージとちせの住む街に空襲が来て、

友人のアツシは怪我をして、耳が聞こえづらくなってしまいます。

そして空襲を行なっていたヘリの周りに何かが近づいていきます。

そして”何か”がヘリを撃ち落とすのを目撃する事になります。

 

 

そしてちせを迎えに行くシュージ、

そこで見たものは、最終兵器と化したちせの姿でした。

 

 

 

「私、こんな体になっちゃった」

 

 

ちせ本人も改造された記憶がなく、

いつの間にか、気づいたら最終兵器に改造されていたようです。

そしてシュージは彼氏として、彼女が最終兵器であることは気にしないように振る舞い、

守るために多くの人を殺していることを黙認しいつも通り付き合うことになります。

そして『最終兵器彼女』の作中で一貫して描かれるのはシュージとちせの関係であり、

「セックス」についてかなりの頻度で描かれています。

 

 

2人は「ちせの体が最終兵器である」以外は普通の高校生ですから、

お互いに常にしたがる様子が描かれています。

シュージとちせ以外にも、多くの登場人物は皆「セックス」に勤しんでいます。

 

 

極限状態だと精神が極端に不安定になるので、

その不安を解消するために誰かとつながっていたくなるんですかね。

多くの映画や漫画でもこのような描写がありましたね。

そしてある空襲のあと、シュージはちせの抵抗を押さえ込み、

制服のボタンを外していくと、

ブラジャーの上からでも分かる胸元にある大きな生体痕に気づきます。

 

 

ちせは恥ずかしい以上に、人外の証であるこの生体痕を見られたくなかったのです。

シュージはこの生体痕を見てもまだちせが人間であることを信じ抱きしめました。

 

 

「まだ私、人間なんだ」

この幸せなの時間もつかの間、

ちせの持つポケベルが鳴り出し出撃命令が下り、

引き止めるシュージを横目に今日も出撃します。

 

「じゃあ、私いってくるね!」

 

最終兵器彼女

 

『最終兵器彼女』における敵とは

シュージとちせの住む街は札幌であり、

最初に札幌に空襲が起こることからこの話が始まります。

そしてこの「敵」については、具体的な名前は終始出てきません。

ですのであくまで考察にとどまることをご了承ください。

 

 

基本的に『最終兵器彼女』の作中では、

誰かに空襲が行われ、復興し、また空襲されの繰り返しが描かれます。

その中で日本の自衛隊が出動したり、市民からの志願兵を募るシーンもあり、

シュージの友人のアツシも自ら志願し兵士となります。

 

 

つまり自衛隊がほとんど壊滅状態になり、

民兵が必要になるほど壊滅的な被害を受けていることがわかります。

そして作中では、敵兵士が英語を話していたり、

フランス語を話していたり、ソ連の飛行機が飛んでいたり。

ここだけ見ると、日本と列強諸国が戦っているようにもとれます。

 

 

そしてこの列強に対抗することは過去の歴史からも不可能と踏んだ日本政府は、

人道に反することと知りながら、「人体の兵器化」を行い、

列強に対抗した、という流れなのではないでしょうか。

 

 

なぜちせが選ばれたのか、

そこに関する描写はないので不明ですが、

敵軍の目をくらませるために、あえて身長の小さい女の子を選んだのでは?

という考察が既になされています。

 

 

そして最終巻にて、

「地球の裏側ではもっとひどいことになってるの。

なぜか日本ではテレビでやってなかったみたいだけど」

とちせが語るシーンがあります。

 

 

ということは戦争状態なのは日本だけではない?

世界中が大戦に巻き込まれていることがわかります。

またこの大戦のおそらくの原因として、

世界規模の災害が起こったことにより国際秩序が乱れたことがあります。

 

 

シュージとちせの通う学校にある日、

大きな地震が襲います。

山の斜面が崩れ落ち、街の一部を崩落させるほどの地震により、

街の人口がどんどん減っていきます。

そしてこの地震は一度ではなく度々発生し、

そして最終回にて、ちせの言う「終わりの始まり」なのでしょうか。

「空が赤くなるのが合図、間もなく地震が起こるから・・・」

 

最終兵器彼女

 

 

『最終兵器彼女』の最終回ネタバレ

そして空を見ると不吉にも真っ赤になった空模様。

良からぬものを反映したかのような雲の隙間から、

さっきまでいた街に稲妻が落ちています。

 

 

このままでは確実に死ぬ、

そう思ったシュージは両親の安否を確認するため自宅を目指します。

すると傾いた家具の中で怯える両親の姿。

 

 

「無事かっ!!!!」

「ああ!お前は大丈夫か?」

「俺は大丈夫だ!」

「・・・じゃあ、行くわ!」

「シュージ!頑張れよ!」

 

 

そしてちせとの約束を果たすため、

道なき道を辿り、高台の上に向かうシュージ。

途中に転がる死体には脇目も振らずに走るシュージ。

そして高台の下についた頃、

今度は土砂崩れが発生し、高台そのものがなくなってしまいますが、

なんとか斜面をよじ登り、元高台であったところまでたどり着くと。。。

 

 

そこにあったのは遥か彼方まで続く死体の山でした。

 

 

そしてちせを探しますが、

ちせはそこにはいませんでした。

しかし、誰かの声がします。

姿こそ見えないものの、この声の主を知っている。

心に直接聞こえるこの声は、ちせの声だ!

 

 

「シューちゃん、地球はね、もうだめなんだ・・・」

そして地球最大の地震が起こり、見たことのないほどの雷が地球に降り注ぐ・・・

シュージとちせに最後の時が迫る・・・

 

最終兵器彼女

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!