「明日もっと可愛い下着つけてこい」

そう言われて信太郎のもとに向かった遥が見たものとは、

父のガイコツとしゃべっている信太郎でした・・・

 

今一番読まれています! 

「骨が腐るまで」全エロシーンをランキングにまとめてみた

約束

シンタロ?いる?

 

遥は信太郎に言われたとおり、昨日よりも可愛い下着をつけて、最高におめかしして信太郎の家に訪れました。でも信太郎は反応はなく、まったくもって無音。。。

のうようであり、よく聞くと、何かブツブツ言っているような音が聞こえてきました。

何を言っているのかまではわからなかったので、とにかく信太郎の部屋に向かう遥が見たものとは・・・

 

机の上に置かれた頭蓋骨に向かって

何かを話し続ける信太郎の姿でした。

 

薄々分かっていましたが、やはり信太郎も人間です。ここまでサイコな事柄が毎日起こってしまうと、精神が持たなくなってしまったんでしょう。

表面的には冷静に考えているようにも見えますが、それはあくまで表面的な部分。心の奥ではやはりおかしくなってしまっている部分があるんでしょう。

 

「おい、なんで黙ってるんだよクソ親父。なんとか言えよ」

 

さすがにヤバイと思った遥は信太郎の肩を抱き寄せ声をかける。

 

「シンタロ!シンタロ!」

「・・・・はるか?何しに来た?」

「何って、約束じゃん・・・」

 

昨日遥がシンタロと交わした約束

簡単に言うと、今日はヤッてやるから可愛い下着で来い

というものでした。

 

 

ところが信太郎は、昨日家に帰ってからずっと今は亡き父と話していたので、そんなことを考えている余裕もなくすっかり忘れていたんです。

もともと考え事の邪魔をされたくないから遥とした約束だったので、とにかく遥を黙らせるために信太郎が取った行動とは・・・

 

今、親父と話してたんだ。邪魔すんなよ

邪魔した罰だ

そういって遥をベッドに押し倒し、そのまま遥のパンティを脱がし、両足を持ち上げ信太郎からよく見える態勢にしました。

 

「やだ!恥ずかしい!」

 

遙に強引にキスをする信太郎。

ニットを引き剥がし、ブラを強引に奪い去るものの、遥はほとんど抵抗はしなかったんです。

 

「嫌がらねーのかよ。こんな乱暴されて」

「どんな恥ずかしいことされても、シンタロの役に立てるの、嬉しいから。」

 

そして、そのまま事に及ぶ二人。

疲れ果て眠る遥を横目に、信太郎は今後の行動計画を立て、まずいくべき場所、そして合うべき人物を確定する作業に入ります・・・

犯人

信太郎が考える犯人像

それは以前に当サイトでもお伝えしていた人物

 

遥の肩の傷を知る人物です。

 

以前にシゲさんを解体する時、強制的に全員が服を脱ぐように指示されたことがありました。

その際に犯人は・・・

 

「遥ちゃん、肩の傷は治らなかったんだね」

 

と言ってました。

そしてこの肩の傷を知っている人物は明を入れた5人、そしてあと一人だけ。

 

遥の肩の傷を治すために保健室に言った時に遭遇したあの人物・・・

ということで、信太郎はその人物に直接会うことにしました。

まとめ

正直に言うと、

私が以前書いた「犯人に関する伏線」がここで回収され、かなりうれしいです(笑)

 

やっぱり来ると思ってたんですよ!だって肩の傷について触れている時点でだいぶ絞られてくるじゃないですか。ここまで来ると犯人もだいぶ絞られてきますし。

そろそろ「骨が腐るまで]も終盤なんでしょうか?

 

終わってほしくないですが、それでも結末が早く知りたいです(笑)

次の話 ⇔ 前の話

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!