『めしぬま。』ネタバレと感想・レシピは?

普段は冴えないサラリーマン、ただ一瞬彼が輝く瞬間がある

食事をしている時の彼は色気マックスのイケメンになるのである。

『めしぬま。』ネタバレと感想を書いていきます!

 

下の画像をクリックして内容を確認する 

『めしぬま。』のネタバレ

 

「こらぁ飯沼!またお前か!

全く納品先からまた苦情だ!

もう何年ここで働いてるんだ!しっかりしろよ!」

「すみません」

「今週やった仕事一から全部見直してこい!

本当使えないなめしぬまは!」

「あの・・・部長。僕はいいぬまですが。」

「はあ?それがどうした!

戦法に謝罪に言ってこいよ!今日中だぞ!」

「はい・・・わかりました」

 

そう言って激怒する部長から書類を受け取り、

取引先に一人謝りに行くことになった飯沼(いいぬま)

同僚とは誰とも話さずひたすら書類の修正に努め、

時間を気にせず作業をしたあことにより、

なんとか就業時間内に書類の修正は終わりました。

 

お昼が食べられなかった・・・

 

誰も座っていない部長の席に完成した書類を置きながら、

「終わりました、すみませんでした。」とつぶやきその場をあとにする飯沼。

そうして夜の街を小走りで駆け抜け、

一軒の定食屋を目指す。

 

彼が目当ての店にたどり着いた時、

ちょうど店主がのれんを店内に入れようとしているところでした。

飯沼に気づいた店主。

 

「もしかしてお客さん?なあに?今から夕食なの?

軽いものもあるけど・・・ご注文は?」

「あの・・・カツ丼・・・ご飯大盛りって出来ますか?」

 

そして彼の前に出てきたカツ丼は、

想像以上にご飯が盛られており、

やや大きめのどんぶりの端を遥かに超える量が盛られていました。

 

「あなた見かけによらないわねえ、

本当に食べられるの?」

 

湯気の沸き立つカツ丼を手に取り、

キレイに卵で閉じられているカツを箸で持ち上げる。

すると卵の白身がとろとろとカツに絡みつき、

同時に出汁のいい匂いが鼻を指す。

 

この時点で飯沼のよだれは決壊しており、

既に口元はよだれでビチョビチョになっていました。

 

そしてついにカツ丼を食べ始める飯沼。

カツの味を確かめつつ熱々のご飯を口に放り込み、

無心で頬張り続ける飯沼。

この時彼の心情は一つだけ。

 

うっま・・・

 

そして飯沼の食べ姿は、

他に何をしているときよりも輝いており、

色気すら覚えるセクシーさをまとっていました。

 

おそらく40を過ぎたその店の店主も、

「ヤダあの子すごくかわいい!

また来てほしい!」

と絶賛するほど。

 

そしてお会計を済ませ店を出る飯沼。

そして店を出た後に、手帳にこの店のことをメモし、

彼の「おいしい店リスト」にまた一つストックが増えることになりました。

今日も飯沼は美味しいものを探して歩き続ける・・・

 

『めしぬま。』の感想

 

当サイトでは多くのグルメ漫画を取り上げてきましたが、

『めしぬま。』が最もシンプルな設定です。

シンプルに「美味しいものを食べ続ける」という設定なので、

特に変わった設定は今のところありません。

 

他に『鳴沢くんはおいしい顔に恋してる』や、

いつかティファニーで朝食を』『どんぶり委員長』など、

グルメ系漫画はシンプルな設定な方がいいと思います。

 

メインは人間関係ではなくグルメですから、

料理をどれだけ美味しそうに書けるかがメインだと思います。

ですので『めしぬま。』も良いです。

 

カツ丼も本当に美味しそうなので深夜に見るのは危険です。

飯テロ漫画の最新作ですので気をつけて読んでください・・・

下の画像をクリックして内容を確認する 

"東京喰種"の有馬貴将が主人公の作品があることを御存知ですか?

東京喰種JACKが今だけ無料で配信されている・・・だと・・・?

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!