「今から皆さんに殺し合いをしてもらいます」でおなじみの作品

どこかの中学の1クラスで殺し合いをさせるこの問題作

『バトル・ロワイアル』の漫画版のネタバレを書いていきます!

 

相馬光子の画像

プログラム中に独自のソープオペラを行ったり、

色仕掛けで男に迫り、ベロチューに持ち込んだすきに静脈に斬りつける女。

 

普段から援助交際で鍛えたその体は中学生のものとは思えず、

そのへんの風俗嬢よりも上玉になるべく体をしています。

そんな彼女とヤれた滝口君に敬意を評したいと思います。

また旗上くんの鎮魂のため、相馬光子の画像をまとめておきます。

 

http://21mg.xyz/8850より引用

http://girlschannel.net/topics/758889/より引用

http://album.blog.yam.com/show.php?a=snnoname&f=57…より引用

http://biantai0926.pixnet.net/blog/post/6590512-%E…より引用

 

おそらく皆さんが見たがっていたであろう相馬光子の姿はネット上には落ちていませんでした。

代わりに映画『バトル・ロワイアル』の柴咲コウが演じた相馬光子を貼っておきました。

かなりの衝撃作のため、この設定を超える漫画には未だに出会っていません。

中学生の頃から好きなマンガなのでぜひ読んでみてください!

 

無料で「バトルロワイアル」を読みたい方へ!


無料で漫画を読みたいけど、試し読みじゃ全然足りない・・・そんな方はU-NEXT(ユーネクスト)がおすすめです!

U-NEXTに登録すると、31日間の無料体験600円分のポイントがもらえます♪

①このポイントで好きなマンガを購入する

②無料体験中に退会する

これだけでよみたいマンガを1冊まるごと無料で読むことができるんです♪

もちろん「バトルロワイアル」も無料になってます!

相馬光子の必殺ソープオペラを見るために1円もかける必要はありません(笑)

※詳しい手順はこちらから確認できます。

U-NEXTで「バトルロワイアル」を無料で読む方法

「めんどくさいんで、すぐに利用したい」という方はこちら

U-NEXTで今すぐ無料で「バトルロワイアル」を読むバトルロワイアル

 

『バトル・ロワイアル』のネタバレ

 

この国の名前は”大東亜共和国”

日本とよくにていますが現代日本とは違い、

民主政治ではなく独裁政治が引き続き行われている国家なのです。

 

そして米国を仮想敵国としているため、

英語や海外文化を徹底的に排除しており、

その結果として主人公・七原秋也の愛するロックミュージックも処罰の対象です。

 

そして独裁政治を続け、海外諸国から制裁を受けたことで、

経済が悪化し少年犯罪が増加したことにより、

新たな法律が制定されました。

 

その法律の名前はBR法、

表向き軍事訓練の一種とされる殺し合いを正当化する法律であり、

全国の中学校の中からランダムに一クラスを選出し、

そのクラスメイト同士で殺し合いをさせるというもの。

こんな人権を無視したことが正当化されている国家でのお話。

 

 

こんな危険な国家であってもある程度の自由は許されており、

中学生であれば普通に修学旅行も行くことができます。

 

そして七原秋也のクラスはバスに乗って修学旅行に向かい、

横に座った親友の国信慶時とともに到着後の予定について話していると、

前の席から中川典子が話しかけてきた。

 

「あの、七原くん。弟にクッキー焼いたんだけど、

作りすぎちゃったから良かったら食べて!」

 

「あ、ありが・・・」

「え、本当?ありがとう典子さん!」

 

慶時は七原よりもまず先にお礼を伝え、

中川は好きだと顔に書いてあるようなものだ。

 

そしてクッキーを食べながらなんとなく窓の外を見てみると、

なぜだか眠くなってくる。。

よく見るとさっきまで起きていたクラスメイトも皆眠っている。

 

さらにバスの運転手はガスマスクのようなものを付けて、

足元から何やらガスのようなものを放出している。

そして転校生の川田が運転手席に設けられた壁をぶん殴っている。

 

「ちく、しょう・・・」

 

そうして川田も眠りにつき、

七原秋也も眠りについてしまう。

 

・・・

 

そして目を覚ますとそこは、

どこかの学校の教室のようなところで、

クラスメイト全員が集められていました。

そして教室に一人の知らない男が入ってくる。

 

「えー、今から皆さんに、殺し合いをしてもらいまーす!」

 

この男によると、

七原秋也のクラスが例のBR法に定められた”軍事訓練”、

通称プログラムに選出されてしまった。

ここは沖木島という無人島。

 

泳いで逃げるようものなら政府の船が射殺する。

24時間誰も死ななかったら全員の首輪が爆発する。

誰か一人が決まるまでこのゲームは終わらない。

 

そしてこの島でクラスメイト同士で殺し合い、

残った一人を決める残虐ゲームに選ばれてしまった。

 

仲間を信じる者、信じられずに疑ってしまう者、

ゲームに乗り積極的に殺し合う者、気が狂う者、

皆それぞれどのような行動を取るのだろうか?

慣れない銃火器類を手に少年たちは何を思うのだろうか?

川田の裏切り

七原秋也は慶時の意思を継ぎ、中川典子を守り続け、

途中前回優勝者の川田と合流し、以降3人で行動することになる。

この3人は順調にゲームを生き残り、

最後の最後まで生き残ります。

 

感情が恐ろしく0にちかい殺人マシン・桐山和雄や、

裏切りによりここまで成長してきた冷酷女・相馬光子など、

何度も七原たちの行く手を遮ってくた彼らも今はもういない。

 

この島で生き残っているのは、

七原秋也、中川典子、そして川田章吾だけだ。

そしてこのままではプログラムは終わらない。

 

ある海岸沿いエリアにて

 

「お前らともここでお別れだ・・・」

 

そう言うと政府のコンピュータには、

七原秋也、中川典子の首輪からの生体反応が途切れDEADを示した。

そして政府の船が二冠優勝者となった川田章吾を迎えに来た。

 

この船の中で川田は政府関係者の嘉門米美と面会し、

久方ぶりに米美からたばこを吸わせてもらうことに。

 

「川田ー?本当はあの二人、あの島にいるんだろう?

まだ生きてるんだよなー?だとしたらムダだぞー

今政府のヘリが、あの島に毒をまきに行ってるからなー

仮に生きていたとしても必ず死ぬからなー!」

 

そして川田は米美を鉛筆で殺害し、

この隙に船に乗り込んでいた七原と中川が乱入し、

政府の軍隊を射殺し、この隙に逃げようとします。

 

しかし川田も政府軍兵士によって撃たれてしまい、

川田はここでゲームオーバーとなってしまいました。

 

そのまま七原と中川だけがこのゲームを生き残り、

ついに沖木島から脱出することができました・・・

 

という話です。

普通に考えてとんでもない話ですけどね。

そもそも「大東亜共和国」なんて完全に日本がモチーフなので、

パラレルワールドを描いたのかなあと思ってしまいました。

 

確かに戦後処理の何か一つでも変わっていたら、

今でも独裁政治をしている可能性がないわけではないので、

パラレルワールドだと思って読んでください。

こんな日本だった可能性もある、と思っていただければと思います!

 

 

"東京喰種"の有馬貴将が主人公の作品があることを御存知ですか?

東京喰種JACKが今だけ無料で配信されている・・・だと・・・?

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!