間くんは選べない

26歳・童貞・彼女なしのサラリーマンに突如彼女が二人できたら?

職場の同期の里見さん、酔っ払いに絡まれていたの助けた女子高生

女と縁がなかった男の優柔不断が最高にムカつく作品です!

 

スマホですぐに試し読みができます!

間くんは選べないを試し読みする

※検索窓に「間くんは選べない」と入力してくださいね!

 

間くんは選べないのネタバレ

さっき言えなかったんですけど・・・・

好きです。

よかったら俺と付き合ってください。

 

送ってしまった・・・

ついに送ってしまった・・・

間(はざま)は26歳のサラリーマンである。

生まれてこの方一度も女性とお付き合いをしたことはなく、

当然のごとく童貞を貫いている。

 

 

もうすぐ魔法を使えるようになるのではとかすかな疑念を抱いていた。

もし魔法が使えたらこのLINEを送った自分を止めたい。

LINEで送ると証拠が残ってしまうのでスクショされたら死活問題である。

せめて電話にしておけばよかった・・・

 

 

先ほどまで間は、同じ職場の里見と食事をしていた。

二人で食事をするのは初めてではなかったので可能性はあると考えていた。

そこで告白をするつもりだったのだが、勇気がなく言えなかった。

 

 

間は里見と会う時は毎回のようにこの後悔を感じていた。

今回も同じく結局言うことができずに解散してしまった。

そのためLINEで送ってしまったということである。

 

 

その自分を止めに5分前に戻りたいなー。

意外なことにそのLINEはすぐに既読がついたのだが、

それでも何分待っても返事は来なかった。

いたたまれなくなった間は電車に乗り帰宅することに。

 

 

やっぱダメだったかなー・・・

明日から仕事やりづらいな・・・

やっぱり送らなかった方が良かったのか・・・

 

 

やらない後悔よりもやった後悔の方がいいなんて歌詞があるけれど

やってしまった後悔大きすぎません?

誰に対してでもなく間は妙に恥ずかしい気持ちになっていた。

 

 

そしてふと我に返ると、間の横に立っている2人の酔っぱらいが、

席に座っている女子高生に絡んでいた。

 

 

「君かわうぃーねー!これから飲み行かない?」

「俺らといればお酒飲めるからねー!」

 

 

この状況を見ているはずの他の乗客は全員が知らんぷりを決め込み、

先ほどよりも下を向いている人口が増えたようなきがする。

 

クズだな・・・

でも俺もその仲間なのか・・・

あの子大丈夫かな・・・

 

その女子高生はナンパに慣れているようで、

本を読んだまま完全に無視を決め込んでいた。

それに業を煮やした酔っぱらいはその本を取り上げた。

さすがにヤバイと思った間が動いた。

 

 

「ちょ・・そ!そういうのよくないじゃないすか!」

 

また行動してからの後悔を感じていた。

公衆の面前で大声で噛んでしまった。

ほんと今日はもう帰りたい・・・

 

 

「え、何今の?」

「かんでんじゃねーよ!ウケるんですけど!

だははだせーおっさんだな!!!!」

 

 

そして酔っぱらいはどこかへ去っていった。

同時に女子高生もその場を去ってしまい、

間は一人電車内残され、醜態を晒し続けるハメになった。

「今後はやらない後悔にしとこう・・・行動しても何もいいことなんてないだ・・・」

 

「お疲れ様でーす」

そういって里見は間の会社を訪れた。

「里見さん、この前は・・・」

「あ、ねー!コロッケ美味しかったですよね!

で、再校どうかな?」

「あっいい感じになってる!赤みちゃんと直ってるしいいですね!」

「うん、特色も差し替えてあるんで・・・」

 

 

終わった

やはりあのLINEについては一切触れることなく仕事の話に持っていかれる。

完全に避けられている。そう確信した間は泣きそうになるのをこらえ、

里見が帰ってからトイレで泣いた。

 

 

その日の帰り、失意の中駅前のカフェに入り、

気持ちを落ち着かせるためにカフェラテを選ぶ。

カフェラテは好きではないが、NA○ERまとめにかいてあったからだ。

 

 

「いらっしゃいませー次の方どうぞ!」

「あ、えーとカフェラテのMサイズを持ち帰りで・・・」

「あっ」

 

間くんは選べない

 

店員が「あっ」てどういうこと?

不思議に思い店員の顔を見上げる間。

するとそこにいたのは、この前電車で助けた女子高生だった。

 

 

「あ、この前の!」

「はい」

「びっくりした、偶然ですね。バイトしてるんだ。」

「はい」

[お疲れ様です・・・」

 

 

この女子高生を見るとあの時噛んだこと、

酔っぱらいの圧に負けてしまったこと

なによりあの日のことを思い出してしまうので早くこの場を去りたかった。

そそくさと会計を済ませ立ち去ろうとする間。

 

 

「じゃ・・・」

「あ、ちょ、ちょっと待って下さい!

これ・・・LINEください。良かったらでいいんで・・・」

 

女子高生からLINEのIDが書かれた紙を渡され、

間のLINEのIDを欲しがっている。

わけも分からずIDを書いてその場を立ち去る間。

 

 

女子高生とLINEか・・・

たまにはいいこともあるんだな・・・

久しぶりに世界の美しさに触れた間は、

自分から女子高生にLINEをしてみた。

 

さっきはバイト中どうも

間(はざま)っていいます。

バイトがんばってね。

ありがとうございます!

野々宮鏡香ともうします!

この前は助けてくれてありがとうございました。

正直怖かったのでとても嬉しかったです。

またLINEしてもいいですか?

 

 

本当に久しぶりにような気持ちになっている自分に気づいた。

いいことをしたら報われることもあるんだな・・・

 

電話してもいいですか?

いいけどどうしたの?

 

 

「もっもしもし・・・」

「こんばんわ野々宮です。」

「こんばんわ・・・お仕事終わったんですか?」

「うん、仕事終わって友達と飲んでたんだ。ちょっと酔ってるけど」

「友達って女の人ですか?」

「いやいや、大学の友だちで男だよ」

 

 

「そうなんですね・・・間さんって、か、彼女いたりしますか?」

「い、いないけど・・・」

「よかったら、私と付き合ってくれませんか?」

 

 

「ちょ、ちょっと待って!野々宮さん俺のこと何も知らないよね?

そんなんで・・・」

「だからもっと知りたいんです!

急にすみません。ダメなら大丈夫です・・・」

 

 

「ちょちょちょちょっとまって切らないで!

お、俺でいいなら、俺は全然OKす!」

 

 

また噛んだ・・・

それでもわけのわからないままに彼女ができた間。

女子高生ということで10歳ほど年が違う彼女だ。

 

 

「嬉しいな・・・またLINEします!おやすみなさい!」

 

 

LINE通話が切れ、元の画面に戻った。

すると1件LINEが入っている事に気づいた。

そのLINEの差出人は里見だった。

 

こんばんは。お返事がおそくなってごめんなさい

私で良かったら付き合ってください

 

 

どうしよう・・・

人生最大のラッキーを迎えた間くんは

人生最大のピンチを同時に迎えることになってしまった・・・

 

 

マンガを読むならU-NEXT!

主人公が史上最悪にムカつく優柔不断野郎なマンガ【間くんは選べない】を無料で読む方法をご紹介します。

【間くんは選べない】を読むためには、違法にアップロードされた画像を探すこともなく、U-NEXTの無料トライアルを使えば今すぐに読むことができますよ!

間くんは選べないのマンガを読むならU-NEXT

間くんは選べないのマンガはU-NEXTという動画配信サービスを利用するのがおすすめです!

 

31日間無料キャンペーン!

 

月額利用となりますが、初回31日間は無料お試し利用に申し込むと600円分のポイントがもらえます!

このポイントで現在配信されているマンガが見れます。1巻分の値段が500円なので一巻分は確実に無料で読めます!

またU-NEXTは元々動画配信サービスなので、マンガを読めるだけではなく、12万本という大量の動画の中から好きな動画を見ることができます!動画の中には映画、アニメ、バラエティなど多くのジャンルがあるのでまずは無料でお試し!

 

間くんは選べないを無料を試してみる

間くんは選べない

 

"東京喰種"の有馬貴将が主人公の作品があることを御存知ですか?

東京喰種JACKが今だけ無料で配信されている・・・だと・・・?

  • 電子コミックでお悩みの方へ

    実は電子コミックによってはPC対応していないものがあるって知ってました?自分に合った電子コミックが4つの質問でわかるクイズを作りました!